ニュース

2019.05.08

女子球児の星たち 神戸弘陵 島野愛友莉 

  • 高校野球

昨年8月に開催された第12回ジャイアンツカップで、優勝した強豪大淀ボーイズ(大阪府)のエースで「大会史上初の女子選手の胴上げ投手」として一躍脚光を浴びた島野愛友莉さん。次代の女子野球界を担う注目投手は、今春より強豪神戸弘陵学園に進学。そんな彼女へ今の心境、今後の抱負を聞いてきた。

 

 

島野 愛友莉 (しまの あゆり)

2004年2月20日生まれ、15歳、大阪府西区出身。162cm。右投げ左打。

小学校2年生から「西ファイターズ」で軟式野球を始め小学6年生の時には主将を務める。中学では「大淀ボーイズ」でプレー。2018年8月に行なわれた「全日本中学野球選手権ジャイアンツカップ」では1大会2完投を成し遂げ、大会史上初の女性の胴上げ投手となった。

 

|高校入学を迎えて今どんな心境ですか?
島野 初めて女の子の中でやってみて、みんなすごい野球が好きで、野球をしている姿勢が男の子とあまり変わらなくて、すごく楽しいなと思います!

 

|実際に女子の中で野球をするのと、男子と混ざって野球をするのではやはり違いなどはありますか?
島野 そうですね(笑) 野球の技術面も変わってくるのですが、女子は元気さだったりや雰囲気の良さが男子とは違い、プレーしやすいです!
|神戸弘陵学園進学を決めたきっかけを教えてください。
島野 監督さんが中学時代の監督さんとすごく似ていて、ノックだったり、バッティングのメリハリとかが自分の中で合っているなと思ったので神戸弘陵に決めました!


|高校3年間の抱負
島野 そうですね、やっぱり全国大会で優勝する事と自分の中ではまた投手として有名になれるように頑張りたいです。

|実際に今、選抜大会を優勝して、これから夏の大会に向けて進んでいくと思うのですが、自分の中でエースとして、夏は投げたいといった気持ちはありますか?
島野 でも、先輩方がとても優しくて、チームワークも良いと思うので、それに付いていけるように、それを援護出来るようどんな形でもいいので出来るようなプレーをしたいです。

 

|将来の夢/目標
・高校での目標
島野 春優勝したんですけど、全然世の中の話題にならなくて、それがやっぱり課題だと思うので、女子野球の大会があれば話題になるような野球を作っていきたいと思っています!

・卒業後の目標
島野 女子野球をもっともっと有名にしたいと思います!

 

|現在女子プロ野球もあるのですが、その女子プロ野球へ進んでいくのか、大学へ進学して、さらに上の世界へレベルアップしていくのかは、決まっていたりしていますか?
島野 今はあまりわからないのですが、プロへの道があったり大学への道があったりっていっぱい道があるので、これから探して行きたいと思います。

(取材:女子野球365編集)

この記事をシェアする
FacebookTwitterLine