ニュース

2019.01.17

[ 2018シーズン ヴィクトリアシリーズ制覇&ジャパンカップ優勝]京都フローラ スペシャル座談会

  • 京都フローラ

[ 2018シーズン ヴィクトリアシリーズ制覇&ジャパンカップ優勝]

京都フローラ

スペシャル座談会

KYOTOFlora

岩谷美里×奥村奈未×小西美加×みなみ×中村茜×三浦伊織

 

今シーズン、ヴィクトリアシリーズとジャパンカップを制し2冠に輝いた京都フローラ。

ベテランと若手が混在するチームで、優勝に大きく貢献した個性派ぞろいの6選手にお集まりいただきました!

シーズンの振り返りからお互いの印象まで、本音トークが炸裂。

豪華メンバーがたっぷり語ってくれました。聞き手/馬場遼

若手がのびのびプレー

和やかムードの1年

―シーズンお疲れ様でした。この1年間を振り返ってみてどうでしたか?

岩谷 フローラとして、シーズン優勝できたことがよかったです

小西 女王決定戦では悔しい思いをしたんですけど、ジャパンカップでもう一度、監督を胴上げすることができたので締まりがよかったと思います。

奥村 女王決定戦を落としてしまったのは、やはり悔しかったですね。

みなみ チームとしてはシーズン優勝もジャパンカップ優勝もできたんですけど、個人的には、あまりチームに貢献できたと感じられるシーズンではありませんでした。

中村 みんなが言っているように、優勝することを目標にしてやってきたのでそれができたのが一番よかったです。女王奪還はできませんでしたが、他球団より勝ち越せたことがよかったかなと思います。

三浦 フローラには若い選手がたくさんいるのですが、その選手たちがのびのびやっていたのが印象的でしたね。それが優勝につながったと思います。

―皆さんから見て今年のフローラはどんなチームなのでしょう?

小西 リーグ初年度からいるメンバーが今年はフローラに集まって、ベテランと若手が融合したチームでした。

三浦 今年は和やかなムードでしたね。

中村 若い選手がレギュラーでたくさん出ているというのが影響したと思います。のびのびプレーできるほうが結果は出ると思うので、全体的に明るい雰囲気でやっていました。

―昨年までとチームの雰囲気が変わった要因は、何が一番大きかったですか?

三浦 昨年からのメンバーが6人しかいないので、私たちもフローラにいる感覚がないんですよね。

小西 新チームみたいな感じ。監督が代わったことも大きいかもしれませんね。

―今年から就任された川口知哉監督はどんな監督ですか?

奥村 教祖様です(笑)。川口監督に「OK」と言われたら、本当に大丈夫なんだって安心できます。

岩谷 指示が的確だよね。すぐに結果が出るし。

 

個性派ぞろい!お互いの印象は?

―岩谷選手はどんなキャプテンなのでしょう?

三浦 4番としてすごく頼りになるので、岩谷選手に回せば何とかなるという雰囲気があります。

奥村 前のチームのときから頼りがいのある選手で、美里さんがキャプテンだったら大丈夫だろうって思いました。

―レジェンドと言われる小西選手はどんな存在ですか?

岩谷 イジればイジるほど味が出るみたいな(笑)

一同 爆笑

小西 おかしい、おかしい! 先輩ですよ(笑)。みんなより年上で変に気を遣われるのもいやなので、好き放題話し合えるような関係性になれたらいいなと思った結果、こんな自由な感じになりました(笑)

みなみ 小西さんはトーク力がすごいんですよ!

小西 トーク力? 長く生きてたらつくやつだよ。

岩谷 そうでもないよ(笑)

―奥村選手はどんな人ですか?

中村 内野手はけっこう助けられたんじゃないかなと思います。開脚キャッチで。

岩谷 主に…(挙手)

中村 サードとライトもちょっとあるかなぁ。

岩谷 面白いキャラですよ。ときどきバカになります。でも真面目なところもあるので、よくわからないです(笑)

みなみ レイアのときは指導係としてついてもらっていたんですけど、当時は怖かったです…。

奥村 みなみちゃんはやらかしてしまうことがあって…。指導係の私が注意しないといけなかったので、怖い先輩というイメージが強かったんだと思います(笑)

―元指導係の奥村選手から見て、みなみ選手はどんな人ですか?

奥村 当時は「しっかりしてくれよ~」って思ってました(笑)

みなみ めっちゃ迷惑かけましたよね。

奥村 たまにおかしいところがあるんですけど、それでも成長しているなとは思いますよ。

岩谷 でもなんか、日本語が通じないんですよ(笑)

小西 「何の話でしたっけ?」ってなってるよね。

みなみ 最近ちょっと、物忘れが激しくて…。

小西 最近じゃないから!(笑)しかも何歳でその発言(笑)

―中村選手はどんな人ですか?

三浦 気が利く先輩です。あとは、常に全力でライトまで走るっていう姿勢がすごい。外野ではいつも、

密にコミュニケーションをとっています。

―中村選手から見た三浦選手はどうでしょう?

中村 野球のときしかしっかりしてないですね(笑)

三浦 そんなことないよね? 褒めて褒めて!

中村 努力家です。気づいたらバットを振っているのはいつも三浦選手です。

三浦 そんなことないですよ。奥村選手とみなみ選手も、かなり振ってます。

 

来年こそ完全優勝!過去最高の動員を

―女子プロ野球ができたことで、女子野球を取り巻く環境も変わったと思いますが、皆さんはどのように感じていますか?

小西 女子プロ野球ができて9年経ったので、周りのレベルが上がっているのをジャパンカップでも感じました。地域の野球チームに女の子がいるのが当たり前だと感じるようになりましたね。

―小西選手が小学生の頃はあまり野球をしている女の子はいなかったですか?

小西 ほぼいなかったですね。

岩谷 私が野球を始めた頃もチームに1人とか2人だったので、今の子たちを見ていると、女子が何人かで同じチームにいて心強いだろうなって思います。

―女子プロ野球選手としてこうありたいと思うことはありますか?

小西 選手としてだけでなく、人としてもプロでありたいなと思います。

三浦 名言! 小さい女の子が「女子プロ野球選手になりたい」という夢を持つことも増えてきていると思うので、その子たちの夢をいつまでも絶やさないようにしていきたいと思います。

―最後に一言ずつ、来シーズンに向けての抱負をお願いします。

三浦 来年は女子プロ野球ができて10年目になるので、過去最高の動員数だった今年を上回るお客さんを呼で、たくさんいいプレーを見てもらいたいと思います!そして年間女王を目指してチーム一丸で頑張っていきたいです。

中村 来シーズンは必ず完全優勝を達成できるように、冬場にしっかり準備をして、チームに貢献できるようにしたいです。

みなみ 冬場にしっかり体づくりをして、たくさんホームランを打てるシーズンにしたいです。

奥村 完全優勝したいです!

岩谷 完全優勝はもちろんなんですけど、選手としてシーズンを戦い抜けるような体づくりをして、チームに貢献したいと思います。

小西 来年は女子プロ野球ができて10年という節目の年。世界中から「日本でプレーしたい!」と思ってもらえたり、他の国で「女子プロ野球をつくろう」という声が上がるくらい、リーグでレベルの高さを見せつて、盛り上げていきたいと思います。

 

小西美加(こにし・みか)

1983年4月18日生まれ、京都府出身。166 ㎝。投手。右投右打。北嵯峨高校、龍谷大学短期大学部ソフトボール部を経て、リーグ創設初年度から活躍するレジェンド。2018シーズンは最優秀防御率、最多セーブの個人タイトル2冠。

岩谷美里(いわや・みり)

1991年6月7日生まれ、北海道出身。170 ㎝。内野手。右投右打。北海道滝川西高校ソフトボール部を経て、2010年にスマイリーズ、その後レイア、アストライアを経て18年からフローラ。18シーズンは最多安打、打点女王の2冠。

中村茜(なかむら・あかね)

1989年12月21日生まれ、兵庫県出身。160㎝。外野手。右投左打。京都西山高校、太陽誘電ソフトボール部を経て2010年ドリームス、スマイリーズを経て、13年からフローラ。ジャパンカップ最優秀選手賞。

三浦伊織(みうら・いおり)

1992年3月11日生まれ、愛知県出身。160㎝。外野手。左投左打。椙山女学園高校時代はテニス部。2010年にドリームス、13年からフローラ。18シーズンは首位打者、7年連続の最多盗塁、最高出塁率の3冠。

奥村奈未(おくむら・なみ)

1995年7月19日生まれ、千葉県出身。163㎝。内野手。右投右打。埼玉栄高校女子硬式野球部から2014年にディオーネ、その後アストライア、レイア、再びアストライアに戻り18年からフローラ。18シーズンホームラン女王。

みなみ

1996年10月18日生まれ、滋賀県出身。173㎝。外野手。右投右打。京都両洋高校女子硬式野球部から2015年にレイア、ディオーネを経て18年からフローラ。18シーズンは奥村選手と同数でホームラン女王に輝く。

この記事をシェアする
FacebookTwitterLine