ニュース

2019.03.15

セカンドキャリア 小久保志乃

  • セカンドキャリア

セカンドキャリア

次の夢に向かって 第一回

岐阜第一高校

小久保 志乃

「運命に導かれて」

男女を問わず、プロ野球選手にはキャリアを終えなければならない時がいずれ訪れる。

野球を続けたい…。だが第二の人生をどう生きてゆけばよいのか。

その大きな岐路に立たされた者が、自らの熱い想いと巡って来た機会をマッチさせた好例がある。

女子プロ野球1期生で、6年間、第一線で活躍した小久保志乃さんは今、

岐阜第一高校保健体育の教諭として、女子硬式野球部の監督として、新たなグラウンドを全力で駆けている。

取材・文/西下純 撮影/花田裕次郎

 

〝野球〞に出会う

 とても、しなやかだ。人生の節目で直面するいくつかの選択肢、小久保さんにはいつも「これだ!」と思えるものがある。迷わず受け入れ、あとは、突っ走る。「運がいいんです」と笑う。しかしそれだけだろうか。

 2015年。プロ6年目のシーズンは小久保さんにとって〝余録〞のようなものだったのかもしれない。自身の伸びしろに疑問を抱き始め、同時に適正な入れ替えがあってこそ女子プロ野球の発展がある、その足かせとなるべきではい、という判断からその前年には引退を考えていた。ただ「父が『200本安打までもうすぐだな』」という、家族の思いもあって、区切りの数字を目指し最後のシーズンに臨んだ。

 15年シーズンをディオーネでプレーしながらも、次のキャリアは考えていた。花咲徳栄高でお世話になった濱本光治監督から母校の手伝いを打診された。十分だ。お金はアルバイトでも何でもすればいい。野球に関われる。野球に恩返しができる。

 ところが、正式に引退の意志を日本女子プロ野球機構に伝えると「来年(2016年)、岐阜のある高校に女子硬式野球部ができる。指導者を探している」と、持ちかけられた。小久保さんは「これは運命だ」と即決、恩師の濱本監督に断りを入れ、半年後に迫った創部に向けて走り出すのだ。

 万事、この調子。これが〝小久保流〞のようだ。

「活発だった」という幼稚園、小学校時代から、遊び相手は男の子だった。そんな幼なじみが野球を始めると、こちらは暇で、寂しくなる。その友だちの母親に「一緒に野球をやる?」と勧められた。「サードって、どこ?」くらいの知識だったが、やってみれば何とかなるものだ。きっと、彼女にはセンスもあったのだろう。何より、楽しかった。豊玉東小で上級生になると、男子を差し置いて4番バッターを務めた。

 豊玉第二中時代は、中野シニアで硬式を始める。ここでは補欠だったが、外野手をやり、さらに一塁ベースコーチ、スコア付けなど任されたところはすべて前向きにこなした。必死の声出しもサボらない。試合に出られずとも「休んだことはありませんでした」という。

 中学3年生。「普通の都立高校にいくのかな」と思っていた。夏のある日、シニアの同級生が花咲徳栄の野球部体験に行くというのでついていった。すると男子野球部のコーチから「女子(硬式野球部)もあっちでやっているよ」と声を掛けられたという。

 日本の高校に女子硬式野球部が存在するということを「1ミリも知りませんでした」。興味本位で行ってみると、練習に混ぜてもらえた。「女子同士でキャーキャー言いながら、コミュニケーションを取る野球。初めてだったんですが、本当の楽しさを知った気がしました」という。「来年、来ないか?」の投げかけに、「即答でした!」と花咲徳栄への進学を決めていた。練馬の自宅から片道2時間。後で調べれば、もっと近いところに女子硬式野球部を持つ学校はあったのだが〝小久保流〞は、これでいいのだ。

 入学直前の03年春。花咲徳栄のセンバツ初出場(夏は01年が初出場)のタイミングだった。学校の配慮で新入生も甲子園に連れて行ってもらえた。この大会で花咲徳栄は3回戦ではダルビッシュ有(現シカゴ・カブス)の東北を10対9で破り、準々決勝は東洋大姫路と引き分け再試合の末、5対6と敗れたが、記憶に残る死闘を演じた。全試合観戦しわけではないが「楽しかった。あれほどの人の前でプレーするって、すごいとしか言いようがないですよね」と、今も甲子園の光景が目に焼き付いている。

 一方、女子部の方は1997年の創部以来、低迷を続けていた。小久保さん入学時に、全国でまだ5校しかなかったが、それでも「公式戦はすべて負けました」と苦しんだ。主将を務めた3年時には、チーム内の仲間割れも経験した。それでも野球を嫌いにはならなかった。

 体育教員を目指すべく、日本女子体育大に進学。もちろん、大学でも野球は続けたいと思っていた。大学には女子軟式野球部しかなかったのだが、野球がやりたい一心から練習を見学しにいった。しかし、いろいろ検討した結果「自分の目指す野球とは少し違う…」という思いから、入部することはあきらめた。

 しかもその前年、第1回全日本女子硬式野球選手権が開催されることになり、それに合わせて花咲徳栄OGによるクラブチーム「ハマンジ」が創設。小久保さんにとって、硬式野球を続ける最高の環境がすぐそばにあった。これもタイミングだ。

 大学4年間、ハマンジは小久保さんの4年時(09年)に全日本女子硬式クラブ選手権準優勝と着実に力をつけていったが、まだ強いチームで野球をやっている、という感覚にはなれなかった。大学4年となった小久保さんに、心躍るような話題が届いた。「女子プロ野球ができるらしいよ」、「そうなんだ〜」。何もかもゼロから立ち上げる組織だ。「大丈夫かな?」と不安視する声も少なくなかった。しかし小久保さんはどこ吹く風だ。「野球を仕事にできるなんて、最高じゃないですか。それも大卒のタイミングですからね。ここでも運命を感じました」と、全く迷うことなく入団テストの受験を決めた。

 花咲徳栄も、ハマンジも、決して強豪ではなかったが、小久保さんは中学卒業間近、高校入学前にはすでに野球部の一員としてリーグ戦に出場し、ホームランも打っていた。1年生から4番。ハマンジでも不動のクリーンアップだ。「ちょっと、自信はあったんです」と笑顔を見せる。当然のように、プロ入りを果たす。

次のステップへ

 京都アストドリームスと、兵庫スイングスマイリーズの2チームで始まった初年度、小久保さんはプレシーズンの練習試合、オーダー発表で4番と聞いて「めちゃくちゃうれしかった」と振り返る。このモチベーションをシーズンにも持ち込んで、兵庫の主力として打率・338の3位、投手としても防御率2・50、勝利数6はいずれも2位と大活躍する。それもあって対戦成績は兵庫の25勝12敗と圧勝した。ただ、小久保さんは翌年、両チームの戦力均衡を図るため、京都にトレードされる。「まさかの自分でした」と今でも苦笑するが、それよりも立ち上がったばかりの女子プロ野球だ。

「与えられた役割を果たすのがプロであり、それはどのチームでやろうと変わらない」と、完全にプロフェッショナルのメンタルを身につけていた。

 しかも、これまでにない高いレベルの経験だ。「すごく楽しかった」は、本音だろう。「相手との〝間〞だったり、ワンプレーを巡る1球、1秒の重みは今まで感じたことがありませんでした」という。過去に悩んだ「女同士のねたみ、そねみも皆無。そんなことやってる暇があったら、うまくなるために練習します。プロはみんな、意識が高いですから」と、とにかく大好きな野球にだけ没頭することができた、充実の日々を送った。

 そして2015年、さらなる発展を願い、引退を決意する。そこへ舞い込んで来たのが現職の誘いだ。岐阜第一高校教諭、そして女子硬式野球部監督だ。半年後には新年度を迎えるという10月から準備を始め、同校女子野球部1期生は11人の生徒が来てくれた。これは各大会に出場できる最低人数でもある。もちろん「勝てない。怒りっぱなしでした」と小久保さん。

 また保健体育の授業でも、野球部においても「伝える、という作業がすごく難しいですね。

今の方が楽しいかもしれません

生徒より、誰よりも私が一番楽しんでいます

この子たちと日本一になれたら最高ですね

 

言葉を選んで、理解度を確認する。知ってて当たり前でしょう、は通用しないんです。万人に分かる説明をするスキルが、私にはまだ足りない」と、新米先生としての未熟な部分を痛感することも多々ある。ただ、昨今の女子高生を「わがままで扱いづらいかな?」と想像していたことから比べると「全然楽しいし『日本一になりたい』という、一緒の方向を目指して、同じ気持ちでいられる」と、予想以上にやりがいを感じている。野球が好きで、プレーヤーとして活躍もし、プロというトップレベルも経験した。それでも小久保さんは「今の方が、楽しいかもしれませんね」とまで言う。 

『伝える』という仕事に四苦八苦しながらも、支えとなる思いもある。例えばプロ同期、同級生で、花咲徳栄のライバル校・埼玉栄出身でもある田中碧みどりさんの存在だ。田中さんは小久保さんより1年早く同じ道を進み、現在は叡明高(埼玉)の女子硬式野球部監督を務めている。

 岐阜第一の女子部立ち上げの際にはお金の使い方、練習環境の整備方法など「どうしてる?」と気軽に相談できる仲間でもある。また同時に、練習試合では「白熱してしまう」という、ライバル心も持っている。ありがたい存在だ。

 さらに、プロとしての6年間、NPB出身の監督たちから聞かされた言葉は「いつも考えて、思い返して、生徒たちに伝えています。これはすごい財産で、全部、生徒に教えてあげたい」と、最高峰の野球のエッセンスを持つ強み、というものを実感もしている。特に、この1月22日、68歳という若さで亡くなった片平晋作さん(南海│西武│大洋)がアストライアの監督として在籍した13年、その片平さんから得た知識、監督像などが今も小久保さんの心を捉えて離さない。

 小久保さんはレイアに在籍。「違うチームでも、折に触れて心配してくれる優しさもあったし、(各チーム同士のリーグ戦ではなく、東西に分かれて戦うヴィクトリアシリーズでは)私も所属したオールイーストの監督さんをされて、この年は不調だったのにそこでは結果を残せたんです。素晴らしい存在感、安心感のある方でした」と振り返った。

〝運〞を引き寄せる

 〝小久保流〞と書いた。その場にちょうどよく訪れる運命的な転機に、軽やかに乗ってきた。そう見える。しかし、片平さんの教えが根底にある。「スキル、メンタル、フィジカル」。日本語で言えば「心技体」。この大切さを説きつつも、片平さんは、こう言った。

「最後は、ラック(運)だ」。そのまま捉えるなら、それでもいい。しかし、小久保さんの解釈は違う。じゃあなんで、そんな幸運が巡ってくるの?

「日頃の行いです」。そう断言する。「あいさつ、礼儀、靴をそろえる、ゴミを拾う…。その積み重ねが、幸運としてやってくると思っています」

 これを、どう選手たちに伝えるのか。今、もっとも心を砕いている部分だ。ちゃんとした人間であることが、いずれ自身の道を開く。だからその道にスッと乗ることができる。しかし、ただカタブツでは野球をやっている

意味がない。「生徒よりも私が一番、楽しんでるかも(笑)。ベンチでもうちょっと、冷静でいたいんですけど、性格かなあ」などと言いながら、たぶん小久保さんはそれを改めることはないだろう。その必要もない。

 目標は、日本一。春のセンバツでベスト8なら、全国選手権の道が開ける。夏の大会でベスト4なら、ジャパンカップが射程に入る。つまり年に4度、日本一を目指すことができると、生徒たちの尻をたたく。一方で、やはり女子硬式球の発展、国体種目になるくらいは、絶対にできると信じている。善行を積めば、その運も巡ってくるだろう。

 目の前の仕事も、将来の展望も、小久保さんはぶれない。同時に「碧のところ(叡明)には負けられない」と、やっぱり〝やかましい指導者〞であることもやめるつもりはない。とても魅力的なキャラクターが、女子高校野球に心地よい風を吹かせそうだ。

こくぼ・しの

1988 年1 月16 日生まれ、30 歳。東京都練馬区出身。豊玉東小4 年から野球を始め、豊玉第二中では中野シニアに所属、硬式野球を始める。花咲徳栄で主将を務め、日本女子体大在籍中はクラブチーム「ハマンジ」の中心打者。2010 年、女子プロ野球創設と同時に“二刀流”としてプロ入り。ただ投手としての起用はおもに入団3 年目までで、通算成績は15 勝11 敗1セーブ。一方のバッティングは、現役中での本塁打はなかったが「間を抜くより、外野の頭を越える」強打が身上。プロ1年目が終わると兵庫から京都、次の年は大阪ブレイビーハニーズ移籍と“活躍しすぎて”トレードという、女子プロ野球界の戦力均衡を図るために欠かせない選手だった。15 年引退。16 年から岐阜第一の教師として同校女子硬式野球部の監督に就任。

この記事をシェアする
FacebookTwitterLine