ニュース

2020.05.13

【現役プロ選手が母校へ突撃】神戸弘陵 島野 愛友莉

  • 高校野球

現役女子プロ野球選手が母校の注目選手にインタビューする企画をお届けします!

第11回目は、先日(4月27日更新)に続き関西の強豪、神戸弘陵高校を掲載しました。今回は中学時代にジャイアンツカップ(中学硬式全国大会)で、初の女性胴上げ投手になった経歴を持つ、期待の2年生投手の島野愛友莉さんです。

 

取材は、同校出身の京都フローラの龍田美咲選手に行っていただきました。

 

▼前回掲載のの同校、小松海月さんの記事はこちら▼

 

 

島野 愛友莉(しまの・あゆり)

2年投手。大阪府大阪市生まれ、大淀ボーイズ出身。憧れの選手は、山岡泰輔(オリックス)で、体は小さいがスピードやキレがありそれを磨いていて尊敬しているという。

野球を始めたきっかけを教えてください!

2人の兄が野球をしていて影響されて、気がつく頃には野球をしていました。

 

ご自身のアピールポイントは?

変化球でタイミングを崩して打ちとる投球スタイルです。ストレートや変化級のボールのキレには自信があります。

 

神戸弘陵に進学しようと思ったきっかけを教えてください。

石原監督の熱意やプレーしている選手たちの野球への向き合い方が自分に合っていて、これだけ野球を好きな人たちとプレーしたら面白そうだなと思い、神戸弘陵に入学しようと思いました。

今年の目標を教えてください!

夏の選手権大会や新人戦、自分が登板する試合でチームの勝利に貢献するピッチングをすることです。

将来の夢を教えていただけますか?

野球に携わる仕事がしたい思っています。自分が関わることで女子野球をもっと発展させていきたいです!

 

取材/龍田美咲(京都フローラ)

 

この記事をシェアする
FacebookTwitterLine