ニュース

2020.05.11

【現役プロ選手が母校へ突撃】駒沢学園女子 髙橋 夏希

  • 高校野球

現役女子プロ野球選手が母校の注目選手にインタビューする企画をお届けします!

第10回目は、創部20年の歴史を誇る駒沢学園女子高校(東京都)の注目選手を紹介します。今回は緩急を活かした正確な投球スタイルが売りの髙橋夏希さんを紹介します。

 

取材は、同校出身の愛知ディオーネ坂東瑞紀選手に行っていただきました。

 

髙橋 夏希(たかはし・なつき)

投手。神奈川県鎌倉市生まれ、神奈川アイリス(女子軟式野球チーム)出身。尊敬している選手は大谷翔平選手(現エンジェルス)。

野球を始めたきっかけを教えてください!

10歳上の兄が野球をやっているのを小さい時から見ていて、いつかやってみたいなと思っていました。小学4年生の時に、同級生の男の子に誘われたのをきっかけに、野球を始めました。

 

ご自身のアピールポイントは?

コントロールの良さと緩急を使ったピッチングで打ち取るところが私のアピールポイントです。特に、ストレートとチェンジアップ、カーブのスピード差で打ち取るのが私のピッチングスタイルです。

 

駒沢学園女子に進学しようと思ったきっかけを教えてください。

高校で野球を続けるか迷っていた時に、両親と中学校の先生に続けてみたら?と背中を押され、駒沢学園女子高校の部活体験会に参加しました。実戦形式の練習が多いという練習内容に惹かれ、また女子硬式野球が始まった時からずっと監督をされていた蘇武先生の元で野球がしたいという思いで駒沢学園女子高校の入学を決めました。

今年の目標を教えてください!

チームでは夏の選手権大会で優勝して女子野球ジャパンカップに出場したいです。個人的には緩急を活かして、テンポよく打ち取りチームに勢いを持ってきて、勝利に貢献するピッチングをしたいと思います。

将来の夢を教えていただけますか?

スポーツ関係の仕事に興味があり、今は大手のスポーツメーカーの会社に就職したいと考えています!

 

取材/坂東瑞紀(愛知ディオーネ)

 

この記事をシェアする
FacebookTwitterLine