ニュース

2020.04.15

【現役プロ選手が母校へ突撃】 京都外大西 上野心々

  • 高校野球

現役女子プロ野球選手が母校の注目選手にインタビューする企画をお届けします!

 

第1弾は、昨年最高出塁率のタイトルを獲得した愛知ディオーネ星川あかり選手の母校である、京都外大西高校の注目選手へお話を聞いていただきました。

 

今回は、大きく曲がるカーブが持ち味で2年生ながら、主戦を任されている上野心々さんを紹介します!

 

 

上野 心々(うえの・ここ)

京都外大西2年生。投手を務める。愛知県生まれで、桑員ボーイズ(三重県)出身。尊敬している選手は大谷翔平。

上野さんが野球を始めたきっかけを教えてください!

小学4年生までは、ソフトボールをしていました。その時に一緒にプレーしていた先輩に「野球やらない?」と誘われたのがきっかけです。兄が野球をしていたこともあったので、特に抵抗はありませんでした。

ご自身のアピールポイントは?

大きく曲がるカーブのキレは、誰にも負けません。あと、マウンドでの攻める姿勢や諦めない気持ちにも注目してほしいです!

 

京都外大西に進学しようと思ったきっかけを教えてください。

眞鍋監督に三重まで何度も見に来てもらい、誘っていただいたのが大きいと思います。監督さんの期待に応えたいと思い、京都外大西高校に決めました。

 

今年の目標を教えてください!

チームとしては、夏の選手権大会でベスト4に入ること。個人では四死球減らして、チームに貢献することです!

 

 

将来の夢を教えていただけますか?

まだはっきりした進路は決まっていませんが、卒業してからも野球には携わっていきたいと思っています。

 

 

取材/星川 あかり(愛知ディオーネ)

 

この記事をシェアする
FacebookTwitterLine