ニュース

2019.05.15

女子球児の星 室戸 折下真琴×沖田茉優

  • 高校野球

室戸高の中心選手として活躍中の、折下真琴さんと左腕の沖田茉優さん。これまでの野球人生や野球愛を語るインタビューでは、ふたりの仲良しっぷりも垣間見えました。

 

 

まずは、野球を始めたきっかけを 教えてください!

沖田 私は、父が少年野球の監督をし ていて。兄がそのチームに入って野球をしている姿を見て、楽しそう!と思ったのがきっかけです。やや強制なところもありましたけど…(笑)。

折下 私も兄が野球をやっていて、幼稚園のときに試合をよく見に行っていました。それで、父と兄と一緒に練習をしたときがあったんです。そのとき、ゴロが全然捕れなくて、めっちゃ悔しくて…絶対いつか捕ってやると思って、野球部に入りました。

 

おふたりとも、小学生の頃から野球をやっていたんですね。

折下 徳島県選抜で女子野球をやっていました。中学では男子野球部に入ったのですが、男子の部員数が多く、試合に出られる機会が少なくて。自分が活躍できるところに行きたいという思いもあったので、地元の女子チームと掛け持ちをしていました。引退後は、高校で硬式野球をするために、引退した人たちだけで集まる硬式野球チームに所属。県外から集まってくるので、 50人くらいは居たと思います。

 

男子野球部は辞めず、掛け持ちをしたんですね。

折下 男子の清々しさというか、さっぱりとした感じもいいんですよね。野球のことだけを考えられて。

沖田 私は逆で、男子の中で野球をやるのが嫌になってしまって。でも、まわりに女子野球の環境がなく…中学では、地元でも活発だったハンドボール部に入りました。でも、3年間野球から離れてみて、もう1度、本気で野球をやりたいと思ったんです。

 

そこから、室戸高を選んだ理由を教えてください。

沖田 私は最初から、公立校に絞って考えていました。何校か実際に体験に行って、室戸に決めました。

折下 私はもともと、女子野球のない高校にチームを作ろうと動いていました。話も結構進んでいたのですが、結局ダメになってしまって…私立の高校に行こうかと悩んでいたときに、兄か らラインがきたんです。「有名なところで野球をやるよりも、公立に行って寮で絆を深めて、強豪校を倒せるように下克上を目指してやっていけ」って 助言があって。それが決め手でしたね。それしかないなって思えました。

沖田 めちゃくちゃいい話!

折下 (笑)。兄は普段、あまり相手はしてくれないんですけど、大事なことは絶対に言ってくれますね。

 

 

おふたりの、アピールポイントを教えてください!

沖田 性格でもいいですか…?

折下 性格だと、強気はお互いに共通するところだと思います。負けず嫌いですね。負けるの嫌やんな?

沖田 そうですね。技術だと、まだ全然できていないですけど、意識としては要求されたコースや厳しいコースでも思い切って投げられるところです。

折下 私は、高校に入学したころは オーバースローだったんですけど、サイドにしたり、スリークォーターにしたり…色んな投げ方を試しました。おかげで、投げ方を変えても対応していけるという感覚はあります。あとは変化球!それがあるから、ストレートが 遅くてもいけるかな、と思います。

 

横田監督はどんな人ですか?

折下 若くて、今年2年目なのですが、こんなに一緒に動いてくれる監督は初めてです。バッティングピッチャーをしてくれたり、実践練習のときには部員数が少ないのでキャッチャーで入ってくれます。


 

野球が楽しいと思う瞬間は?

沖田 楽しいとは少し違いますが、マウンドに立って後ろを見たとき、みんながバックにいてくれること。声をかけてもらえるのが嬉しいです。

折下 私もピッチャーをしているときです。勝つも負けるも自分次第ですし、自分が試合の鍵を握る。不安も大きいですけど、だからこそ相手を抑えたとき、最高に楽しいですね!

 

やっぱり、ピッチングなんですね。

折下 バッティングも、打ったときは 嬉しいですけど…すごく印象に残る試合といえば、いいピッチングができたときですね。


 

お互いに、どんな存在ですか?

沖田 リスペクトです!

折下 絶対嘘やろ?(笑)

沖田 ほんまですよ!最初は、キャッチボールするのも恐れ多くて…

折下 嘘や(笑)!私たち、小学の大会のときに友達になったんですよ。それっきりだったんですけど、高校で再会して…あ、あのときの子や!って。沖田ほんまにドラマチック!

折下 沖田は、すごく自分にないものを持っていて、いいなと思います。

 

〝ないものとは?

折下 なんか…あの…。

沖田 ないんですよね?(笑)

折下 違う!私は気にしすぎるところがあるんですけど、沖田は振り切ってやっている気がします。気の強さというか…自分に足らないところなので、いいピッチャーやなって思います。

 

今年の目標を教えてください!

沖田 全国大会で投げた経験がないので、夏は、みんなに信頼してもらえるような実力をつけて、マウンドに立って投げられるようにがんばります!

折下 チームとしては、夏の大会でベスト8。個人的にはレベルをもっと上げて、チームの大きな柱になれるようになること。残り少ない高校野球を精一杯がんばりたいと思います!

 

折下真琴(おりした・まこと)

2001年 6月14日生まれ 。徳島県出身。164cm。投手。右投右打。小学1年の徳島県選抜( 現・AWA-MUSUME BBS JUNIOR)で野球を始める。好きな食べ物はイチゴ 。 家族構成は両親、姉、兄、妹。目標の選手でもある兄は、2018年に巨人に入団した折下光輝。好きなチームは巨人。

 

沖田茉優(おきた・まゆ)

2002年10月3日生まれ。 広島県出身。156cm。投手。 左投左打。父が少年野球の監督をしていたのをきっかけに、小学1年から野球を始める。中学時代はハンドボール部に所属。好きな食べ物はクリームシチュー。好きなチームは広島東洋カープ。目標とする選手は室戸高の先輩たち。

この記事をシェアする
FacebookTwitterLine